果菜店の店先

青果店の店先

果物専門店には大勢の人が買いに訪れていた

台湾の台北にある白蘭市場の近くで撮影。

白蘭市場にはこれが市場というような建物がないので、どこからどこまでが市場なのかはいまいち判然としない。おそらくは日用品が売られている店舗が並んでいる場所が市場なのだろう。そう考えると、僕が歩いているところはちょっと市場から外れていたのかもしれない。道の両脇にはお店があるもののほとんとがレストランの類いだった。そして、そのほとんどがまだ閉まっていた。

そのような中、人集りが出来ているお店を見つけた。ここだけ市場のような空気が漂っている。果物店だった。最初は八百屋かとも思ったけれど、店先の看板にはでかでかと「果菜専売店」と書かれている。「果菜」とは文字通り果物と野菜のことだ。店頭に並べられているのも、マンゴーやリンゴなどの果物ばかりだった。こういう時は漢字が繁体字で書かれていると便利だ。なんとなく意味を読み取れる。簡体字で書かれると知っている漢字でも見慣れない文字になっていたりして、こうはいかない。

ここで売られているものが安いのかどうかは一見の僕には分からない。でも、地元の人には人気のお店のようで、途切れることなく客が買いに訪れている。僕も地元の人たちにならって、マンゴーを幾つか購入した。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台北にある白蘭市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11289

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月21日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ