台湾茶を売る老舗の茶行

老舗の茶行で働く人びと
台湾の台北にある大同区で撮影 オザワテツ

林華泰茶行という老舗の茶行は茶葉を買いに来た客で賑わっていた

台北の地下鉄を大橋頭駅で降りて大同区の町を歩いていた。この日は珍しく、明確な目的地があった。僕は目的地に向かってまっすぐに大きな通りを進んでいく。ここには創業100年を超えるお茶の老舗があるのだ。2年前に台北を訪れた時にそのお店で中国茶を買って、とても良かったので再訪しようと思ったのだ。しばらく歩いていくと、2年前と同じ場所にその老舗はしっかりと店を構えていた。

お茶の歴史は相当古いけれど、台湾のお茶の歴史はそれほど古いものではない。18世紀の終わりに、中国大陸の福建省からお茶の苗木を持ち込んだのが始まりとされている。そして、アヘン戦争後に締結された南京条約によって台湾の淡水が条約港として開港することにより注目を浴びるようになったようだ。イギリス人はお茶が好きだからなぁ。そもそもアヘン戦争自体がイギリスが中国から大量に茶を購入していたことが発端のひとつだし。

お店の中には茶の入った大きな缶があちらこちらに置かれていて、店員が注文をさばくのに忙しそうだった。このお店は問屋だけれど、小売で買うこともできる。僕も小売で幾つかお茶を買い、満足してお店を後にしたのだった。

ちなみにお店の名前は林華泰茶行という。

EN

台湾茶の種類にはどのようなものがあるの?

台湾茶を含む中国茶は発酵度合に応じて、様々な種類がある。発酵度合が低い方から順に、緑茶、白茶、青茶、黄茶、紅茶と呼ぶ。さらに微生物を使って発酵させたものは上記のものとは別に黒茶と呼ぶようだ。台湾では青茶が多く、日本でも一般的な烏龍茶も青茶に分類される。

台北にある林華泰茶行ってどこ?

PHOTO DATA

No

11292

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月23日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ