口ひげを蓄えた男が営む食料品店の棚の中には多くの瓶が並んでいた

棚の前に立つ男
インドのベルハンポルで撮影
関連する写真

ベルハンポルの町角にあった食料品店ではポロシャツを着た男が働いていた。カメラを向けると、男はちょっとはにかんだ。背後の棚には缶詰や香辛料が置かれている。この町にはスーパーマーケットなるものはまだ無かった。だから、このような個人商店が今でも買い物の主役だ。

このような小規模のお店は大資本のスーパーマーケットがこの町に進出してきたら、太刀打ちできないのではないだろうか。そう考えると、もう10年や20年して再びこの町を訪れても、このようなお店は目にできないかもしれない。写真にはそのような記録をする役割というのものあるように思う。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年2月 インド 人びと
ベルハンポル 食べ物 食料品店 口髭 ポロシャツ
ベルハンポルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6170

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年02月16日

更新日

2020年08月30日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ベルハンポルってどこ?

PREV & NEXT