漢方を調剤する男

漢方を調剤する男
台湾の台北にある大同区で撮影 オザワテツ

男は漢方を秤を使って計っていた

しばらく歩いていると、漢方の薬局の前にやって来た。グーグルマップの評価を見ると結構高い。僕は重い扉を開けて中へと入ることにした。

内装は上品な感じに統一されていて、マンダリンカラーの制服を纏った店員たちが働いている。その雰囲気は高級店のそれだった。このお店の歴史が日本統治時代から営業しているような長いものなのかは分からない。でも、その雰囲気は長い歴史があるような素振りを見せていた。

写真の眼鏡を掛けていた男はその薬局で働いていたひとりだ。男の前のカウンターの上には幾つかの種類の漢方が置かれている。そして、男は小さな秤を手にして、真剣な顔で漢方を計っていた。ちょうど漢方の調剤をしているところだった。男の後ろの棚には、金属の容器がびっしりと並べられている。これだけの種類の漢方を患者の体調に合わせて調合するのだろう。

幸か不幸か、今のところ僕には体の不調がどこにもない。仕方が無いので、僕は漢方で作られた歯磨き粉を数本を購入してお店を後にしたのだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台北の大同区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11263

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月02日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ