薄暗いワット・パ・フアックの中で仏像はキラキラしていた

ワット・パ・フアックの仏像
薄暗いワット・パ・フアックに鎮座する仏像
関連する写真

ルアンパバーンの目抜き通りであるシーサワンウォン通りにあるプーシーへ続く階段の脇に小さな寺院が建っている。木造寺院であるワット・パ・フアックだ。

薄暗いお堂の壁に大きな壁画が描かれていた。19世紀に描かれたもので、中国の外交官や戦士がキャラバンでやってくる場面など、メコン川沿いの歴史的な場面が描かれているのだという。

その壁画の前に大きな仏像が鎮座していた。壁画の保存状態もそれほど良くなく、建物自体もボロボロだったものの、この仏像は黄金に輝いていた。ガイドブックに載っていないような小さな寺院だったけれど、地元の人たちに大切にされているようだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年2月 ラオス 静物
仏像 ルアンパバーン 寺院
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1438

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年02月28日

更新日

2022年03月11日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンにあるワット・パ・フアックってどこ?

PREV & NEXT