男はひとりでボートの縁に腰を下ろしていた

木製のボートに乗った男
バングラデシュのダッカで撮影
関連する写真

ルンギを穿いた漕手が自分の小舟の縁に腰を下ろしていた。水に差した棹はしなり、男は波止場の向こうの方を眺めていた。視線の先は賑わっている。

大きなブリゴンガ川を渡ろうとする人びとが大挙してやって来ているののとは対照的に、男の小舟には客が来ないのだった。完全に閑古鳥が鳴いている。男は向こうで働く人たちがとても羨ましそうだった。でも、男はなぜ客待ちをする場所を変えないのだろう。ひょっとしたら、漕手の間にも縄張り争いがあって、男は向こうには入っていけないのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年1月 バングラデシュ 町角
ボート ダッカ 嫉妬 オール 漕ぎ手
ダッカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8238

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年01月15日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ダッカってどこ?

PREV & NEXT