壁には大きな瞳

大きな瞳のある壁

大きな瞳が静かに輝いていた

東京の新宿で撮影。

西口の地下道には大きな瞳がある。とても大きな瞳だ。その瞳には瞼がないので、瞬きすることはない。宮下芳子という彫刻家がここに設置してからというもの、40年以上もの間一度足りとも瞬きしたことはないのだ。

この前を歩くといつも、瞬きしないとドライアイになってしまうのではないかと心配になってしまう。でも、そんなことは大きな瞳には些細な事かもしれない。目の前を通り過ぎていく通行人を眺めているのが面白すぎて、瞬きする暇が無いだけかもしれない。そんな瞳は今日も瞬きすることもなく、行き交う人々をじっと眺めているのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

新宿ってどこ?

PHOTO DATA

No

779

撮影年月

2007年2月

投稿日

2007年03月09日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL

アーカイブ