ゼロ戦の機体を熱心に眺めていた男の影が遊就館の床に伸びていた

ゼロ戦のシルエット

東京にある靖国神社にある遊就館で撮影

関連する写真

靖国神社の境内に建つ遊就館のエントランスホールにゼロ戦が展示されている。言わずと知れたゼロ戦は第二次世界大戦中の日本海軍の主力戦闘機だ。大戦末期には特攻にも用いられたという。

何故ゆえに戦死するのが前提の無謀な作戦ご立てられたのだろう。これもきちんと検証されていない近代史のひとつだと思う。終戦から時間が経過して関係者のほとんどはもう亡くなっているだろうから、公平な研究が進むような気がするけれど、なんだか臭いものには蓋をしろ的な空気を感じてしまう。

バックパックを背負った男がゼロ戦の横に立っていた。前かがみになって機体をじっくりと覗き込んでいる。ガラス張りの壁からは強い日差しが館内に降り注いでいた。男もゼロ戦の機体もシルエットになっていて、男の長いが遊就館の床に伸びていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年11月 町角 東京
飛行機 九段 博物館・美術館 シルエット
九段で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1199

撮影年月

2007年10月

投稿日

2007年11月12日

更新日

2021年10月25日

撮影場所

遊就館 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL

靖国神社にある遊就館ってどこ?

Prev & Next