小山八幡神社の鳥居と拝殿

小山八幡神社の鳥居と拝殿
東京の荏原で撮影 オザワテツ

石造りの鳥居の向こうに小山八幡神社の拝殿が見えた

ミャンマーから帰国して、この日は東京の家の近くを歩いていた。住宅街の中を歩く。もうここにはヤンゴンと違ってクーン売りの姿はない。道の両脇には家々が静かに立ち並んでいるだけだ。そして、歩いている人も少ない。この日に僕が向かっていたのは小山八幡神社だ。この辺りに住み始めて10年くらいになるけれど、この神社には赴いたことがないのだ。小山八幡神社は住宅街の中で小高くなった場所に建てられていた。住宅街と同じように境内も静けさに包まれている。僕が訪れた時は参拝客の姿もなく、境内はひっそりとしていた。

小高い丘の上にある境内からの眺めは品川百景にも選ばれているのだという。中沢新一さん曰く、歴史ある神社や仏閣は昔から古くからの台地である洪積層の上に建立されていることが多いそうだ。この神社もその例に当てはまるのだろう。中沢さんのいう「サッ」の上に建てられているのだ。でも、縁起に書かれているようにその創建が1000年近く遡るのはいくら洪積層の上に建てられているとはいえ、ちょっと大袈裟な気がした。

EN

小山八幡神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

11191

撮影年月

2018年10月

投稿日

2019年09月13日

撮影場所

荏原 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ