西小山商店街の入口

西小山の商店街の入口
東京の西小山で撮影 オザワテツ

大勢の人が商店街を闊歩していた

閑散としていた小山八幡神社を後にして、僕は西小山駅へと向かっていた。住宅街の中を進んでいくと、駅に近づくにつれてお店がポツンポツンと増えてくる。そして、気がつくと駅へと辿り着いていた。

西小山の駅は住宅街の中に作られていて、周辺には幾つかの商店街がある。僕はその中のひとつの入り口に立っていた。ここのところ、日本の商店街は廃れてしまったところが多い。大店法が廃止されてから出現した郊外型のショッピングモールに客を奪われてしまったせいなのだという。でも、ここ西小山の駅前にある商店街は例外のようだ。令和の時代になった今でも、活気に溢れている。

商店街に立ち並ぶお店はみな開いていて、大勢の買い物客が道を闊歩している。あくまでも個人的な感想だけれど、大資本の運営する大規模なショッピングモールを歩いても、どこにでもあるようなお店が並んでいるばかりであまり楽しくない。やはり、どのようなお店があるのか分からない地元の商店街を歩いた方がずっと楽しい。

EN

西小山ってどこ?

PHOTO DATA

No

11192

撮影年月

2018年10月

投稿日

2019年09月13日

撮影場所

西小山 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ