煙草屋が露天市で煙草とクーンを売り歩いていた

煙草とクーンを売り歩く男
ミャンマーのヤンゴンで撮影
関連する写真

買い物客に混ざって、露天市には行商人も歩いている。写真の帽子を被った若者もそのような行商人だった。首から大きなトレイをぶら下げている。男は移動煙草屋だった。トレイの上には煙草の箱が並んでいるのが見える。そして、キンマの葉も置かれていた。男は煙草だけでなく、クーンも売り歩いているのだった。クーンはインドのパーン、台湾の檳榔と同じものだ。ミャンマーでもビンロウの種をキンマの葉で包んでものを噛むのはかなり一般的なのだ。

町を歩いていると、そこかしこにクーンを売っている屋台を見かける。そして、人混みのあるところには、クーンを売り歩いている人の姿がある。僕からしてみると、煙草とクーンは同じような範疇に入るものだけれど、町角でクーンを売っている人は煙草を売っていないし、煙草屋ではクーンを売っていない。それぞれ別の職業のように扱われている。例外はクーンを売り歩いている人たちだ。クーンを売り歩いている人の多くが煙草も一緒に売り歩いている。路上の人たちのニーズを取り入れた結果、双方を売り歩いたほうがいいということになったのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年11月 ミャンマー 人びと
行商人 パーン 露天市 ヤンゴン 青年
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10791

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月10日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ヤンゴンってどこ?

PREV & NEXT