書類を読む露天商

肉屋に吊られていた豚の顔

店主は何かの書類を読んでいた

ミャンマーのヤンゴンで撮影。

野菜や肉などの生鮮食品を売る露天商が並んでいる道には、クーンを売る露店もやはり出ていた。クーンとはビンロウの種子をキンマの葉で包んだもので、その葉を噛み煙草のように噛む嗜好品だ。ミャンマーだけでなく、他の東南アジア諸国や南アジア諸国や台湾でも一般的に売られている。台湾の町を歩いているとよく見かける「檳榔」と書かれたお店で売られているものと同じものだ。

呼び名は場所によって異なり、台湾では檳榔、インドではパーン、そして、ここミャンマーではクーンと呼ばれる。いずれにしても、どこでも地元の人には人気で、ヤンゴンの町中でも到るところで売られているのだった。ひょっとしたら、煙草屋の数よりも、クーン売りの数の方がずっと多いのではないかと思うくらいに大勢のクーン売が商いをしている。

写真の女性もクーン売りだ。テーブルの後ろの椅子に腰を下ろした女性は手にした書類の類をじっと読んでいた。そしてテーブルの上にはキンマの葉が置いてあるのが見える。客が来たらすぐに包めるようになっているようだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10778

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年10月29日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ