小さなアパレルショップの前に看板が出ていた

アパレルショップの看板
東京の中目黒で撮影
似ている写真 撮影地

桜の季節だった。この時期になると、老いも若きも花見に出かける。普段は花になんて興味のない人間であっても、子に時期になるとこぞって花を見に行くのは結構不思議な現象だ。日本人のDNAに桜の花が開花すると、そのように行動するように書き込まれているのかもしれない。いずれにしても、桜の時期になると桜の名所と言われる場所は混雑している。桜だって、大勢の人に美しい姿を見てもらえるのは嬉しいのかもしれないけれど、どこまで喜んでいるのかは分からない。大勢の人間がやって来ても、花粉を運んでくれるわけでもなく、ただ単に花を鑑賞しているだけだ。

この日に訪れた中目黒の辺りも、都内の桜の名所にひとつだ。のんびりと流れる目黒川の両脇に桜の木が植えられている。そして、ここは桜の名所としてだけでなく、小洒落た場所としても知られている。川に沿ってお洒落なカフェやお店も並んでいるのだ。時期が限られているとはいえ、大勢の人がやって来る場所だから商売をするには格好の場所だろう。

歩いていると、アパレルショップの前へとやって来た。店頭には看板が出ている。看板の中の女性は人差し指を口に当てていた。まるで、花見に訪れた人たちに向かって、静かに鑑賞するように伝えているかのようだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年10月 町角 東京
中目黒 看板

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10753

撮影年月

2018年4月

投稿日

2018年10月05日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

中目黒 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

中目黒ってどこ?

PREV & NEXT