白蘭市場の日傘とサングラス

白蘭市場の近くを傘を差して歩いていた老婆
台湾の台北にある白蘭市場で撮影 オザワテツ

白蘭市場の近くでは老婆が日傘を差して歩いていた

白蘭市場の道と交差する大きな道は歩いても、それほど楽しくはなかった。目に付くのは漢字で書かれた大きな看板ばかりで、地元の人はあまり歩いていない。僕は市場の中へと戻ることにした。看板を眺めながら歩くのよりも、人びとを観察している方がずっと興味深い。

市場の道には大勢の買い物客が歩いていた。中には強い日差しを避けるために日傘を差して歩いている人もいる。やはり台湾でも、日傘を差すのは女性と相場が決まっているようだ。女性はどこの国でも強い日差しを嫌う。シミやソバカスができるのを少しでも回避したいのだろう。

写真の女性も日差しを忌み嫌っているようだった。日傘を差して歩いている。さらにはサングラスを掛けている。おそらくは美肌の天敵である紫外線を少しでも浴びないようにしているのだろう。それにしては、道の真ん中を歩いている。道の端には日陰ができているのに、そこではなく日差しが照り付けている場所を選んで歩いているかのように見える。まるで、日が当たっている場所がこの私のランウェイだと言わんばかりのようだった。

EN

台北にある白蘭市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11288

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月20日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ