代官山の螺旋階段

代官山の螺旋階段
東京の代官山で撮影 オザワテツ

代官山の螺旋階段を上り下りする人の姿が見えた

代官山アドレスは東急東横線の代官山駅と歩道橋でつながっている。この辺りは「山」と地名に付いているだけあって起伏が激しい。駅の改札と代官山アドレスの1階部分は同じような高さにあるのだけれど、その間には谷のように道が伸びていて、その谷を越えるように歩道橋が架かっている。そして、その歩道橋の途中には螺旋階段が設けられていた。なぜだか螺旋階段というものが気になってしまう僕は歩道橋の上に立ち止まって螺旋階段を眺めていた。

銀座で見かけた螺旋階段とは違って、ここ代官山にある螺旋階段は普段から使う人が大勢いるようだ。見ていると、ひとりの男性が下から登って来ていて、それとは別に三人の女性が下りていっている。

じっと螺旋階段を見ていると、なんだか階段がドリルの刃のように思えてきてしまう。中央の軸を中心に回転する刃が都会の真ん中で地中深くまで掘り進んでいるように見えるのだ。そして、階段を歩く人は地底と地上を行き来している人たちなのだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

代官山アドレスってどこ?

PHOTO DATA

No

11502

撮影年月

2019年12月

投稿日

2020年04月25日

撮影場所

代官山 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ