丸の内オアゾのシルエット

丸の内オアゾで蠢くシルエット
東京にある丸の内オアゾで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

日差しの差し込むエントランスには沢山のシルエットが蠢いていた

丸の内にあるオアゾの渡り廊下に立ち止まっていた。渡り廊下を通る人は少ない。ここに渡り廊下があることを知っている人は少ないのかもしれない。対照的に下の通路には大勢の人が蠢いていた。僕は上から人が蠢いているのをぼんやりと眺めていた。

大きなガラス張りの壁から日光が差し込んでいて、歩いている人びとはみな一様にシルエットになっていた。人びとの流れは止まることを知らない。一秒たりとも流れが止まることはなかった。まるで川の流れのようだ。

オアゾという施設名にはエスペラント語の「オアシス、憩いの地」という意味も込められているというけれど、視界に入っている人びとはどこかへ向かって移動している人ばかりだ。忙しなく蠢いている多くのシルエットからはオアシスらしさも憩いの地らしさも感じられなかった。

ENGLISH
2017年7月 町角 東京
丸の内 シルエット

丸の内オアゾってどこ?

PHOTO DATA

No

10231

撮影年月

2017年1月

投稿日

2017年07月31日

更新日

2021年07月17日

撮影場所

丸の内 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

丸の内で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ