人形町にある人形焼の老舗に行列ができていた

老舗の和菓子屋
人形焼屋の行列
関連する写真

参拝の順番待ちの列ができていた水天宮を後にし、外に出るとまた別の列が視界に入ってきた。交差点に建つ重盛永信堂というお菓子屋さんにも行列ができていたのだ。ここは人形焼の老舗。1917年の創業というから100年以上の歴史のあるお店だ。

言わずもがなだが、人形焼とは人の体や顔などを模したカステラ風の生地で餡こを包んだ和菓子だ。形が人を模しているから人形焼という名称になっているのだと長いこと思っていたけれど、そうではないと知って目からウロコが落ちる思いだ。ちょっと調べてみると東京人形町が発祥の地だから人形焼と呼ぶらしい。形は関係ないのだ。

個人的には人を模していない人形焼は人形焼界隈では亜流だと思っていたくらい、町中で売られている人形焼は人間の顔を模したものばかりの気がする。では本場人形町で売られている人形焼はどのような形をしているのだろう。いやが上にも気になってしまう。そんな僕の気分を代弁するかのように、僕の前に立つ女性も首を伸ばして店頭に並べられた人形焼の様子を窺っていた。

ENGLISH
2022年2月 人びと 東京
人形町 お店 買い物客 スイーツ

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12178

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年02月16日

更新日

2022年04月01日

撮影場所

人形町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

人形町ってどこ?

Prev & Next