口をちょっと開けたリクシャワラー

訝しげな視線のリクシャワラー
バングラデシュのロンプールで撮影 オザワテツ

リクシャワラーは訝しげに見た

写真の若者はリクシャワラーだった。リクシャワラーとは人力車の車夫のこと。男は愛車を繁華街の道端に停めて、客が来るのを待っている。人通りが多くから客を掴まえるのに苦労しないに違いない。

でも、事が男の思う通りに運ぶとは限らないのが実情だ。この時男に近づいてきたのは客ではなく、ひとりの外国人旅行者だった。目の前でカメラを構えられた上に、口をちょっと開けてきょとんとしている瞬間を写真に撮られることになってしまうのだった。

EN

ロンプールってどこ?

PHOTO DATA

No

8691

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年08月04日

撮影場所

ロンプール / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る