ニヤリとする車夫

僕を見てニヤリとする自転車タクシーの車夫
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

自転車タクシーの車夫たちが固まって客待ちしていた

幅の広いヤンゴンのストランド通りを越えると、そこにはフェリー乗り場の建物が建っていた。ダウンタウン辺りにはヤンゴン川に架かる橋は無いので、地元の人はみなフェリーか小さなボートで川を渡っている。ボートとフェリーをどのように使い分けているのかは分からない。おそらくは値段が違うのだろう。

いずれにしても、フェリー乗り場の周辺には大勢の人がやって来ていて賑わっている。建物の入口付近には多くの屋台が出ていて、まるでお祭りか何かのようだ。そして、混雑した道の脇には、サイカと呼ばれる自転車タクシーの車夫たちが固まって客待ちをしている。何台もの自転車タクシーが並んでいて、タクシー乗り場のようになっていた。

フェリー乗り場に入る前に、僕は車夫たちに近づいていった。一番手前にいた車夫は冒険家が被るようなピスヘルメットを被っている。この男にとっては、ダウンタウンの町並みはジャングルと同じなのかもしれない。車夫は僕に気が付くと、ニヤリと笑った。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

パンソダン・フェリー乗り場ってどこ?

PHOTO DATA

No

10818

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年12月04日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ