赤い番傘が立てられていた

赤い番傘
東京の若林にある松陰神社で撮影
関連する写真

参道の中ほどには床几が幾つか置かれていた。そこで休んだり、お茶を飲んだりすることが出来るようになっている。そして、その床几にはそれぞれ番傘が備え付けられていた。番傘は鮮やかな朱色に染められていて、厳かな参道に華やかさを加えている。あまりにも鮮やかだったので、この場所だけを眺めているとお祭りが催されているかのように思えてしまう。

入り口から拝殿まで結構長い参道の中ほどで、お茶を飲んで休んでばかり入ると、なかなか目的地の拝殿まで辿りつけないから要注意だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年1月 町角 東京
神社 若林

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9626

撮影年月

2015年11月

投稿日

2016年01月23日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

若林 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

松陰神社ってどこ?

PREV & NEXT