門から袴を来た新郎と綿帽子をかぶった新婦が並んで出てきた

赤い番傘の下の新郎新婦
東京にある明治神宮で撮影
似ている写真 撮影地

門から神職と巫女が現れて進んでいくと。次に門から現れたのは新郎と新婦だった。もちろんふたりとも正装している。新郎は紋付袴を纏っていて、新婦は白無垢だ。新郎はこれから臨む式にどうやら緊張しているようで、硬い表情をしている。その一方で、新婦は穏やかに微笑みを湛えていた。一生に一度の華やかなイベントを心底楽しんでいるようだ。

このようなカップルを見ていると、「男は度胸、女は愛嬌」というけれど、女性の方が肝が座っていることも多々あるような気がしてならない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年9月 人びと 東京
花嫁 新郎 原宿 明治神宮 神社 結婚式
明治神宮で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9491

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年09月17日

更新日

2020年06月16日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

スナップ写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

明治神宮ってどこ?

PREV & NEXT