赤い傘を先頭に結婚式の参列者が列をなして明治神宮の拝殿に向かって歩いていた

結婚式の参列者の最後尾
東京にある明治神宮で撮影
関連する写真

神職巫女を先頭にして、列はゆっくり境内を進んでいた。この人たちは明治神宮で行われる結婚式の参列者で、挙式される場所へ向かっている最中なのだ。主役である新郎新婦はもちろんのこと、参列者も一歩一歩足を進める度に厳かな気分が高まっているに違いない。この日は天気が良かった。境内にいる参拝者や観光客の耳目を集めながらゆっくりと青空の下を進むのは気持ちがいいに違いない。

ふと気になったのは、が降っていても先頭を進む神職の歩く速さは同じなのだろうか。雨が降りしきる中、あまりにゆっくり歩くと挙式する場所に辿り着いた時には参列者はびしょ濡れになってしまっているかもしれない。かといって早足に進んでいくと、気分が盛り上がる前に着いてしまうかもしれない。先頭を歩く神職の案配は難しいのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年9月 人びと 東京
出席者 バック・ショット 原宿 明治神宮 神社 結婚式
原宿で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9495

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年09月19日

更新日

2021年12月28日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

明治神宮ってどこ?

PREV & NEXT