拝殿の前には茅の輪が設置されていた

茅の輪

東京の上野にある五條天神社で撮影

関連する写真

上野公園の端っこにこの小さな神社は社を構えていた。境内に入って行くと、拝殿の前に大きな輪っかが備え付けられている。茅の輪だった。茅草で作られたこの大きな輪っかを、八の字を描くように三度くぐり抜けると疫病や罪穢が祓われるとされている。

そんな茅の輪の前に日傘を差した女性が立っている。じっと茅の輪を眺めていた。僕からしてみたら、くぐるのに何も躊躇することはないと思うのだけれど、女性はなかなか一歩を踏み出さない。ひょっとしたら、くぐる前に心を落ち着かせようとしていたのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年7月 人びと 東京
バック・ショット 上野
上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9383

撮影年月

2015年6月

投稿日

2015年07月25日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

五條天神社ってどこ?

Prev & Next