階段の上の水玉模様

階段を登る水玉模様を着た女の子
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

水玉模様のワンピースを纏った女の子が階段を登っていた

ヤンゴンの町中で最も交通量の多いのはスーレー・パゴダの辺りだと思う。スーレー・パゴダは数多あるヤンゴンの仏教寺院の中でも、1、2を争うメジャーな寺院だ。イギリス統治時代にこの寺院を中心にして町を設計したのではないかと思うくらい、ダウンタウンのど真ん中に存在している。面白いのは、この寺院は道の中央にあるラウンドアバウトの中に建っていることだ。イメージで言うと、パリにある凱旋門のような感じだ。そのため、寺院に入るためにはラウンドアバウトの道路を横断しなければならない。

困ったことに、その道路の交通量が多いのだ。途切れることなく自動車が走っているので、思うように道を横断するのは難しい。そのせいだろう。ここには歩道橋が設けられてるのだった。

下を流れる自動車を眺めながら、歩道橋を渡っていた。しばらくすると、反対側の登り口にやってくる。すると、パステルカラーのワンピースを纏った女の子が階段を登っているのが目に入ってきたのだった。その女の子を名が眺めていると、ふと気がついた。ついさっき、ダウンタウンの他の場所で、この女の子の写真を撮ったことを。図らずも、僕も女の子も同じ場所を目指していたようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

スーレー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

10810

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月27日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ