パラソルの柄につかまる女性

パラソルの柄の部分につかまる女性
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

女性はパラソルの棒につかまっていた

交差点に差し掛かると、道端に大きなパラソルが立てられていた。そして、人がその下に腰を下ろしている。露店商だった。今回行き会った露店商も、またしてもクーン売りだった。この交差点の人通りは少なくて、そのせいか露店にも客はいなかった。露店商たちは時間を持て余しているようだ。スマホで時間を潰している人の姿も見える。もっとも、これだけの数のクーン売りが営業をしていると、当然の結果として人気のあるお店と人気のない店が出てしまうのだろう。一見同じように見えるクーンもお店によって味は微妙に違うのだという。

写真のクーン売りの女性は前かがみになって腰掛けていた。そして、開いたパラソルの支柱にしっかりとつかまっている。その姿はまるで、吹き荒れる暴風に耐え忍んでいるかのようだった。僕は道の真ん中に立ち止まって、空を見上げた。頭上には雲ひとつ無い澄み切った空が広がっている。暴風が吹き荒れているのは、どうやら女性の心の中だけのようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10809

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月26日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ