傘を手に歩く尼僧

傘を差して歩く尼僧
ミャンマーのダラで撮影 オザワテツ

ピンクの袈裟を纏った尼僧が傘を差しながら歩いていた

小さな集落を後にして、サイカと呼ばれる自転車タクシーで移動していた。自転車タクシーがのんびりと走っていた道は広く、ところどころにお店が見える。時折、車夫に声を掛けて写真を撮るために停めてもらっていた。この時も、道の端に尼僧が歩いているのが見えたので停めてもらったのだった。

ミャンマーの国民のほとんどは日本と同じように仏教徒だ。けれども、日本人の多くは大乗仏教の信徒であるのに対し、ミャンマーの人の多くは上座部仏教の信徒だ。上座部仏教の世界では、男も女も出家するのは珍しいことではない。もっとも、還俗するのも日本のイメージと違って簡単なようだけれど。隣のタイとは違って、ミャンマーでは女性の出家も公に認められているので、町を歩いていると尼僧の姿もよく見かける。男も女もみな頭をつるつるにしているので、顔を見ただけでは男なのか女なのかを判断するのは難しい。でも、纏っている袈裟の色で判断するのだ。男は他の国と同じように茶色の袈裟を纏っている一方で、女は可愛らしいピンク色の袈裟を纏っている。写真の人もピンク色の袈裟を纏っているので尼僧であることが分かる。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダラってどこ?

PHOTO DATA

No

10841

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年12月25日

撮影場所

ダラ / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ