横断する老婆

戦艦三笠の舳先
神奈川の横須賀で撮影 オザワテツ

老婆が道路を横断し始めた

横須賀には江戸時代から江戸時代の海の玄関口であった。ペリーがやって来た浦賀も、現在の行政区でいうと横須賀市内だ。明治17年になって横須賀に日本海軍の鎮守府ができた後は、軍港都市として発展してきたのだった。今でも横須賀には在日米軍の基地も、海上自衛隊の基地もある。そんな軍港都市を歩くと、あちらこちらにセーラー服の水兵さんの姿を目にするのだと思っていた。でも、それは僕の思い違いのようだ。町中を彷徨しても、ほとんど水兵さんの姿を見ることはなかった。もっとも、僕が観光地的な場所ばかりを歩いていたためかもしれないが。

信号待ちをしていると、前にも信号待ちをしている老婆がいた。老婆からは軍事的な匂いはまったく漂ってこない。ここは日本の他の多くの自治体と同じように高齢化が進む町なのだ。

EN

横須賀ってどこ?

PHOTO DATA

No

10328

撮影年月

2017年7月

投稿日

2017年10月28日

撮影場所

横須賀 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ