民族衣装のシンをはいた老婆が日傘を差しながら砂利道をひとりで歩いていた

日傘を差した老婆
田舎道を歩いていた老婆
似たような写真

当て所無く歩いているうちに、ルアンナムターの町を出て郊外の田舎道にいた。砂利道がまっすぐに伸びていて、両脇に畑が広がっていた。このような炎天下では地元の人と行き会うことはほとんどない。地元の人は日差しの強いときに出歩いたりしないのだ。ひとりトボトボと進んでいく。そうしているうちに予想に反して道の先に人影が現れた。人影はこちらに向かって歩いている。僕は立ち止まって、人影が来るのを待つことにした。

人影の正体はラオスの民族衣装であるシンをはいた年配の女性だった。道の脇に建物も大きな木もなく日陰のいない道を歩いていた老婆は日傘を手にしていた。やはり地元の人も日差しが強いと思うのだ。ラオスでは僧侶だって日傘を差して歩いている

 でコメントする
ENGLISH
2008年4月 ラオス 人びと
砂利道 ルアンナムター 老婆 サンダル シン(民族衣装)

PHOTO DATA

No

1581

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年04月16日

更新日

2022年10月06日

撮影場所

ルアンナムター / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT