​​観音崎灯台はそれほど高くないものの、高所恐怖症の僕には充分怖かった

観音崎灯台

観音崎灯台

関連する写真

もういい年齢になったので、知らず知らずに治っているのではないかと期待したものの、現実はそれほど甘くなかった。いくつになっても怖いものは怖い。横須賀にある日本最古の洋式灯台である観音崎灯台に登って、外に出られるバルコニーに辿り着くと見事なまでに腰が引けてしまったのだ。それほど高い灯台ではない。たかだか地上19メートルくらいだ。でも怖い。怖くてバルコニーに出られない。教科書に載っても不思議ではない腰の引け方だった。高所恐怖症はそう簡単に治らないのだろう。というより一生治らないに違いない。

バルコニーへは出られなかったけれど、出口からなんとか頭だけを外に出して写真を撮って景色を眺める。事前に調べた情報によると、防衛省の敷地にあるため地上からは近づけない観音崎水中聴測所跡が見えるはずなのだけれど、それを確認する余裕はなかった。水中聴測所とは特殊聴音機を設置して、潜航して侵入する敵潜水艦を捕捉するための施設。走水に東京湾に侵入しようとする艦艇を砲撃するために砲台が設けられていたのと対をなすように、観音崎には潜水艦を感知する施設が設けられていたのだ。そのような印象をもったことはないけれど、横須賀は首都東京を護るための要衝のようだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年6月 建築 神奈川
灯台 横須賀
横須賀で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12305

撮影年月

2022年4月

投稿日

2022年06月23日

撮影場所

横須賀 / 神奈川

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

観音崎灯台ってどこ?

Prev & Next