日の丸がはためく戦艦三笠の舳先に人びとが立っていた

戦艦三笠の舳先
三笠公園に保存されている戦艦三笠
関連する写真

横須賀の海辺にある三笠公園に戦艦三笠が博物館船として保存されている。三笠はかつて連合艦隊旗艦であった戦艦。1904年の日露戦争にももちろん参戦していて、東郷平八郎や秋山真之が日本海海戦の指揮を執ったのはこの船の上なのだ。

公園の中に入ると、戦艦三笠の姿はすぐに目に入っていくる。思っていたよりもずっと小さい。100年以上も前に建造された戦艦だから仕方がないのかもしれないが、ちょっと残念な気持ちになってしまったのも事実だ。日本史における重要性に何ら変わりはないものの、戦艦として三笠は一昔も二昔も前の時代の代物だ。日露戦争が終結してすぐの1906年に英国が戦艦ドレッドノートを建造したことにより、三笠は一気に時代遅れになってしまったのだという。ちなみに「超弩(ド)級」という時の「ド」は戦艦ドレッドノートのことを指している。ドレッドノート級の戦艦を越えるくらい凄いというのが元々の意味なのだ。

陸の上から舳先の方に回ると人が甲板の上にいるのが見えた。みな振り返って写真を撮っている。そこからのブリッジの眺めを写真に収めているのだろう。のどかな日だった。舳先の日の丸が風になびいていた。当たり前だけれど、三笠公園に戦場の思わせるものは戦艦それ自体以外に何もない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年10月 神奈川 乗り物
船首 公園 横須賀
横須賀で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10327

撮影年月

2017年7月

投稿日

2017年10月27日

更新日

2023年01月26日

撮影場所

横須賀 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

記念艦三笠ってどこ?

PREV & NEXT