女性は年季の入ったジャノメミシンを使って仕事をしていた

古いジャノメミシンを使っていた女
タイのメークロンで撮影
関連する写真

住宅街の中を抜けて再び繁華街へとやって来た。いくら田舎町とはいえ、繁華街はそれなりに賑わっている。地元の人たちが往来を行き来していて、路上で商売している人たちの姿も見える。写真の女性も路上で仕事をしていたひとりだ。女性は年季の入ったミシンを使って、縫製の仕事をしていた。ミシンは電動式ではなくて足踏み式だ。インドやネパールでは極々普通に足踏み式のミシンを見かけたけれど、タイでも足踏み式が一般的なのかもしれない。何せ電気代が掛からないから都合が良いのだろう。そういえば、バンコクでは足踏み式ミシンが売られているのを見た気がする。

ミシンの本体にはブランド名が書かれている。それによると、この年季の入ったミシンは日本の蛇の目ミシン社製のものだ。このミシンがどれくらい古いものなのかは分からない。けれど、蛇の目ミシンはかなり昔からタイで商売を展開しているようだ。もっとも、この女性のように古いミシンを大事に使い続けられると、嬉しい半面、商売にはなかなかならないような気もしてしまう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年6月 人びと タイ
メークロン ミシン 女性
メークロンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10628

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年06月30日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

メークロン / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

メークロンってどこ?

PREV & NEXT