仕立屋のサムズアップ

朗らかに親指を立てる仕立屋

ジャカルタの道端で仕事をしていた仕立屋の男は朗らかに親指を立ててくれた

インドネシアのジャカルタで撮影。

鉄道の高架橋をくぐり、進んでいった。道の端には移動式の屋台がいくつか並んでいた。高架橋の先にはちょっとしたお店が並んだ路地があって、ちょっとした市場のようになっていた。路地の外にも屋台があるのは、その佇まいが路地の外までも溢れ出てしまったかのようだった。

屋台は観光客向けに出ているものではなかった。どこからどう見ても地元の人向けだ。屋台のワゴンの真ん中には大きなミシンが備え付けられていて、その向こうには男が腰掛けていた。首にメジャーを掛けている。男は路上の仕立て屋だった。

よく見てみると、ミシンは稼働していて針の下には服が置かれていた。ちょうど仕事をこなしている最中だったのだ。屋台の前に立ち止まって器用に細かな作業を進めていく男の手元を眺めていると、男も視線に気がついたのか仕事の手を止めた。

視線を上げると、そこに立つのが地元の人ではなく外国の人間だったことにちょっと驚いたのか男は目を見開いていた。そして、照れ笑いしながら親指を立ててくれた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11525

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月13日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ