ミシンは稼働中

ミシンを使って縫製する男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男はちょうどミシンを使って縫製の仕事をしていた

歩いていた道の端にはテーブルが幾つも出ていた。どれも屋台のテーブルだ。でも、ここに出ている屋台のほとんどは食べ物を売る屋台ではなかった。縫製を行う屋台ばかりだ。テーブルの上には古びたミシンが備え付けられている。縫製をする屋台が道に並んでいるのを目にすると、ネパールの町を思い起こす。ミャンマーもやはり人件費の安い国だ。そのため、今でもこのような労働集約的な仕事が町中で成り立っているのだろう。

写真の男もミシンを使って道端で仕事をしていたひとりだ。男のところにやって来た時、ちょうどミシンを操ってる最中だった。古びたミシンの滑車は勢いよく回転し、男の視線はミシンの針先へと注がれている。僕はそっとカメラを男に向ける。ファインダーを覗いてシャッターに指を置いている間も、ミシンはどんどんと生地を縫っている。そのせいだけなのかは分からないけれど、男にはすぐ横に立っている外国人に視線を向けるような時間はないようだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11176

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年09月03日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ