笑顔とミシン

ミシンの横で微笑む女性
ミャンマーのヤンゴンにあるニュー・ボージョー・マーケットで撮影 オザワテツ

女性が旧式のミシンを使って働いていた

ヤンゴン中心部にある大きなビルの中へと入ってみた。ここはジャンクション・シティと呼ばれるモダンなショッピングモールだ。中に入っているテナントを見ると、有名な外国資本のブランドが並んでいる。エスティーローダーやコーチもあれば、サムスンもソニーもお店を構えている。そしてレストラン街には一風堂まであるのだ。上層部はオフィスタワーになっていて、東京の今どきのビルと同じようになっている。つまるところ、ここはヤンゴンで流行の最先端を担っている場所なのだ。でも、僕が最も興味を持ったのは、そのようなブランド店が並んでいるショッピングモールの部分ではない。面白いことに同じ建物の中に地元の人たちが商売をしているエリアも設けられていることだった。エリアは分けられているものの、外国資本のお店と地元のお店が同じ建物に同居しているのだ。

地元の人たちが商売しているエリアの中には有名ブランドはどこにも見当たらず、営業しているお店はどれもこれも個人商店ばかりだ。写真の女性もそのエリアで働いていたひとりだ。旧式の足踏み式ミシンで縫製をしていた。もちろん、女性が手がけているのはブランド品ではなかった。女性は僕に気がつくと、手を止めて恥ずかしそうに笑ってくれた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ニュー・ボージョー・マーケットってどこ?

PHOTO DATA

No

11075

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月30日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ