布の長さを測る男

布の長さを測る男

男は定規を使って布の長さを測っていた

ミャンマーのヤンゴンで撮影。

飲食関係の屋台以外にも、大勢の人が路上で商売をしていた。写真の男も、その他の仕事をしていたひとりだ。男は道路脇にミシンを置いて縫製をしている。この男のようにミシンを使って行う縫製もヤンゴンではよく見かける仕事だ。このような軽工業の仕事がミャンマーでは真っ盛りのようだ。民主化して以来、日本を含め様々な国がミャンマーに投資をしている。その資金を使ってこの国は猛スピードで発展敷いている最中なのだ。うまく行けば、このような軽工業も来るべき重工業が中心となる国の基礎になるのだろう。中所得国の罠をうまく越えることが出来るのかどうか見ものだと思う。

町中でミシンを使っている人びとを見ていると、ほとんどの人が電動式ではなく足踏み式のミシンを今でも使っている。ミシン自体ももう古びていることが多い。手入れをしながら大切に使い続けているようだ。写真の男が使っているミシンも年季の入った代物で黒光りしている。まだまだ発展し始めたばかりのミャンマーでは、ひょっとしたら国中のミシンを動かせるだけの電力はまだ供給できないのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11074

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月29日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ