立ち並ぶオフィスビル

立ち並ぶオフィスビル
東京の丸の内で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

オフィスビルが立ち並んでいた

道の両脇には大きなオフィスビルが立ち並んでいる。ここは大手町と並んで日本の経済と金融の中心地だ。このような大きなビルには大企業が入居していて、平日の昼間となれば大勢のビジネスパーソンたちが町を闊歩している姿が見える。

今ではビルが立ち並ぶこの地区も、徳川家康が入府した頃は日比谷入江の一部だった。今ではどこにも海なんて見当たらないし、磯の香りも全くしないし、にわかに信じがたい。江戸時代には埋め立てられて、親藩や譜代大名の藩邸があったようだ。明治になると藩邸は取り壊されて陸軍の練兵場が置かれていたという。ここに最初のオフィスビルが建てられたのは1894年のことなのだった。

ENGLISH
2017年8月 建築 東京
建物 丸の内

丸の内ってどこ?

PHOTO DATA

No

10233

撮影年月

2017年1月

投稿日

2017年08月02日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

丸の内 / 東京

ジャンル

町並写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

丸の内で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ