バナナを担いでいる僧侶が見えた

廊下の先に見えた僧侶
タイのバンコクにあるワット・スタットで撮影
関連する写真

ワット・スタットの礼拝堂は回廊に囲まれていた。回廊には黄金に輝く仏像が幾つも並んでいる。そんな回廊の中ほどに立ち止まると、先の方に年配の僧侶が立っているのが見えた。オレンジ色の袈裟を纏って右肩を出している。日本の僧侶が鮮やかな色の袈裟を纏っているのを見たことはないけれど、東南アジアでも南アジアでも男の僧侶が纏う袈裟はこの色だ。日本に伝わる時には中国で意味合いが変化したのか、日本では僧侶の位階によって纏う色が異なっているらしい。

そうこうしていると、回廊の先に若い僧侶が現れた。この僧侶は大きなバナナの房を担いでいた。お供え物の搬入でもしているようだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年1月 人びと タイ
バンコク 廊下 袈裟 僧侶 寺院
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10418

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月19日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ワット・スタットってどこ?

PREV & NEXT