僧侶が境内を歩いていた

僧侶が境内を歩いていた
東京の芝にある増上寺で撮影
関連する写真

階段の上に立って、参道を行き来する参拝客の姿を眺めていた。参道の向こうには1622年に建立された三解脱門が見える。これは幸運にも戦災で消失しなかったものだ。じっと眺めていると、参道をひとりの僧侶が歩いてくるのが見えた。

袈裟を纏った僧侶は、他の参拝客と同じように本堂に一直線に向かっている。でも、一般の人と違って単に参拝に来た訳ではないだろう。ここは僧侶にとっては職場なのだ。これから出勤なのだろう。そのせいだろうか。僧侶の顔は険しいような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年9月 人びと 東京
袈裟 僧侶 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9875

撮影年月

2016年5月

投稿日

2016年09月17日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

芝 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

増上寺ってどこ?

PREV & NEXT