若い僧侶が太鼓を叩き始めた

大きな太鼓を叩く僧侶
ラオスのルアンパバーンにある仏教寺院で撮影
似たような写真

境内には鐘楼ならぬ太鼓楼があった。右肩を露わにした若い僧侶がその太鼓の前に立っていた。袈裟を纏った時には右肩を出すのは万国共通だ。しばらく所在なげにしていた僧侶は、時間が来ると太鼓を力強く叩き始めた。夕暮れ時の時報なのだろう。

太鼓の音色が長閑な田舎道に響き渡っている。でも、時間が分かったところで何の変化もあるわけでもなく、太鼓の音が鳴り止むと町は再び静寂に包まれた。そして、叩き終えた若い僧侶は満足そうに僧坊へと戻っていった。

 でコメントする
ENGLISH
2013年4月 ラオス 人びと
太鼓 袈裟 ルアンパバーン 僧侶

PHOTO DATA

No

7428

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年04月14日

更新日

2023年12月12日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT