ワット・スタットのサオチンチャー

ワット・スタットのサオチンチャー
タイのバンコクにあるワット・スタットで撮影 オザワテツ

鳥たちが一斉に飛び立った

再びワット・スタットへとやって来た。意図していた訳でもなく、フラフラと歩いていたらまた出くわしたのだった。寺院の前の大きな広場があって、大きな鳥居のようなものが聳えている。上空へと真っすぐ伸びた柱の上部の方に二本の木が渡してあるのが見える。形はとても鳥居に似ているけれど、これは鳥居ではない。サオチンチャーと呼ばれる巨大なブランコなのだ。かつてはこの巨大なブランコに司祭が乗って大きく前後するという儀式が執り行われていたのだという。ヒンドゥー教の創造神であるブラフマーが同じく破壊の神であるシヴァ神に新たに創造した世界を見に行かせることを意味する儀式だったようだが、これが何を意味しているのかは僕にはよく分からない。作ったばかりの世界をシヴァ神に見せたら、すぐに破壊されてしまうではないか。

いずれにしても、これだけ大きなブランコが前後するなんて壮観だったに違いない。残念なことに死亡事故が相次いだため儀式はもう行われておらず、大きなブランコが前後しているのを想像するしかない。この構造物だけがその奇妙な儀式の名残なのだ。カメラを構えると、広場にいた鳩たちが一斉に飛び立った。まるで、その瞬間を待ち構えていたかのようだった。

EN

ワット・スタットってどこ?

PHOTO DATA

No

10417

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月18日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ