僧侶が竹で出来た橋を渡っていた

橋の上の僧侶
ラオスのルアンパバーンで撮影
関連する写真

町の端っこに竹製の橋が架かっていた。川にかかる質素な橋はとても絵になるので、僕は橋の近くでウロウロしていたのだった。大勢の人が橋を渡るためにやって来る。中でも僧侶の数が多いような気がする。そのうち、オレンジ色(モノクロだから分からないけれど)の袈裟を纏った僧侶が現れて、粗末な橋を渡り始めた。

ルアンパバーンの町には多くの寺院があって、大勢の僧侶が町中を闊歩している。世俗の人と出家している人と、どちらの方が多いのかは微妙だと思ってしまうくらいに僧侶をよく見かけるのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年2月 ラオス 人びと
袈裟 ルアンパバーン 僧侶
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7260

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年02月17日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

PREV & NEXT