男はミシンを操る

ミシンを操る男
バングラデシュのロンプールで撮影 オザワテツ

ロンプールの町を歩いているとミシンで仕事をしている人をよく見かける

男は小さな店の中でミシンを使って仕事をしていた。ミシンはもちろん足踏み式だ。ここロンプールの辺りではまだまだ電動式ミシンは珍しい。高価な機械だから珍しいのか、電力の供給が不安定だから普及していないのかは分からない。ひょっとしたら、その両方なのかもしれない。

調べてみると、バングラデシュの輸出の75%以上はアパレル産業が占めている。それにこの国の最低賃金はまだ低い。2018年でまだ月額50ドルくらいだ。だから、経済が発展して最低賃金が高くなるまで、このようなミシンを使って労働集約的な仕事している人を見かけるのだろう。

EN

ロンプールってどこ?

PHOTO DATA

No

3954

撮影年月

2009年9月

投稿日

2010年04月14日

撮影場所

ロンプール / バングラデシュ

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM