焼却炉の前に二人の男

焼却炉の前に二人の男

焼却炉の前にふたりの男が立っていた

台湾の台南にある開基武廟で撮影。狭い境内の一角には焼却炉が設けられていた。台湾の寺院では、どの寺院にもこのような焼却炉が設置されている。

二人の男が焼却炉のところで作業していた。中には炎が見える。男は黄色の紙を焼却炉の中に入れている。この黄色の紙は冥銭だ。つまりは、あの世で使うお金ということだ。日本では三途の川の渡河料金として葬式で死者とともに埋葬されるものだけれど、台湾ではちょっと違う。お供え物として日々寺院に奉納されている。ここは儒教の寺院だから、この冥銭は先祖がその世でお金に困らないように供えられたものだろう。このだけでなく、死後の世界も金がないと困るのだ。そう思うと、ちょっと複雑な気分になる。

ENGLISH

Information

フォト NO
9993
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年01月05日
撮影地
台南 / 台湾
タイプ
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年1月 人々 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

コメント

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP