苦々しい顔をした男が軽食スタンドでひとりで食事をしていた

苦々しい顔をした男
台湾の台南で撮影
関連する写真

どこの国でも市場の周辺には食べ物屋が並んでいる。ここ台南でもやはりそうだった。水仙宮市場の周辺には軽食スタンドが軒を連ねている。食事時にはまだ早かったので、軽食スタンドのほとんどは閑散としていた。

ガラガラのテーブルのひとつに男の姿が見えた。ひとりで食事をしているようだ。何故だかは分からないけれど、苦々しい顔でレンゲを弱々しく口に運んでいる。その表情だけを見ていると、このスタンドの食べ物はあまり美味しくないように見えてしまう。営業妨害しているのかと思ってしまうくらいだ。もっとも、男が苦々しい表情をしているのは食べているものとは関係なく、個人的な事情のためかも知れないけれど。幸か不幸か閑散としていたので、男の表情がここの食堂を代表しているかのようになってしまっていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年3月 人びと 台湾
男性 スプーン 出店 台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10080

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年03月22日

更新日

2020年05月18日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

台南ってどこ?

PREV & NEXT