開基武廟の提灯

黄色の提灯

境内には多くの提灯が吊るされていた

台湾の台南にある開基武廟で撮影。

境内には多くの提灯が吊るされていた。日本にある神社や仏教寺院でも多くの提灯を目にするけれど、中国文化圏にある提灯は色が違う。日本のは白いことが多いけれど、ここのは黄色の提灯だ。見慣れているはずの提灯も、黄色のものが並んでいると異国情緒を感じる。

提灯には「文衡聖帝」と書かれている。これは関羽の別名だ。儒教では関羽のことをこう呼ぶらしい。つまりはここは儒教の寺院なのだった。広く人気のある関羽には多くの別名がある。道教では「協天大帝関聖帝君」だし、仏教では「伽藍菩薩」とされているようだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9992
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年01月04日
撮影地
台南 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年1月 静物 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP