築地本願寺の入り口は薄暗く、本堂の威風を感じさせる装置のようだ

築地本願寺の薄暗い入り口
築地本願寺の入り口
関連する写真

日本で仏教寺院というと、奈良東大寺京都にある西本願寺と東本願寺に代表されるように木造建築のイメージが強い。実際には鉄筋コンクリートで建てられていても、浅草寺の本堂のように素知らぬ顔で木造のような振りをしているところもある中、築地本願寺は潔い。1934年に建てられた本堂に木造らしさはどこにもない。鉄筋コンクリートで作られた築地本願寺はインドネパールに建っている石造のヒンドゥー寺院を彷彿させる外観だ。

築地本願寺は古代インド様式をモチーフに伊東忠太が設計したもの。伊東忠太は欧米へ留学するのが常識だった時代に日本建築のルーツを訪ねるためアジアへ留学し、中国からインド・トルコを旅したというちょっと変わった建築家だ。そのような人が設計したのでこのような他に見かけない様式の仏教寺院になったと勝手に合点していたものの、そんな簡単な話ではないようだ。

伊東忠太が設計した他の建造物を見ても、築地本願寺ほど古代インド様式らしさを振り撒いているものはない。靖国神社にある遊就館や大倉集古館にインドらしさは感じられないのはもちろん、他に設計した仏教寺院を見てもインドを連想させるようなものはない。そう考えると築地本願寺には古代インド風でなければいけない理由があったのだろう。それがなんなのかはわからないけれど。

ENGLISH
2022年2月 人びと 東京
薄暗さ 入り口 寺院 築地
築地で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12175

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年02月13日

更新日

2022年04月04日

撮影場所

築地 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

築地本願寺ってどこ?

Prev & Next