露天市で野菜を売っていた女性はシンドゥールもビンディも付けていた

シンドゥールとビンディを付けた女
インドのマルダで撮影
関連する写真

町の中心の路上で市が開かれていた。露天商が地べたに様々な商品を並べている。野菜やら果物やら雑多なものが売られていた。写真の女性はそこで働いていたひとりだ。

女性の眉間にある赤い点はビンディと呼ばれ、髪の毛の生え際の赤い線はシンドゥールと呼ばれる既婚を示す印だ。さらに、この女性は鼻にピアスをしていた。ビンディを付けている人は大勢見かけるけれど、この女性のようにはっきりとシンドゥールを付けている人はあまり見掛けないような気がする。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年7月 インド 人びと
ビンディ マルダ 鼻ピアス シンドゥール 女性
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6578

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年07月01日

更新日

2020年06月08日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT