老婆が大きなザルを揺らして米粒を選っていた

米粒を選る老婆
米をよる老婆
関連する写真

ブンガマティで通りかかった小屋の中に老婆がしゃがんでいた。額に既婚の印であるシンドゥールを付けた老婆は両手で抱えた大きなザルを左右に振りながら米を選っていた。ここネパールでも日本と同じように米は主食だ。米粒をよるのは美味しく食べるために重要な工程なのだろう。老婆は熱心にザルを振っていた。僕がすぐ近くに立っているのはもちろんのこと、カメラにも気がついているものの、こちらをチラリと見ることもなくザルを振り続けていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2010年2月 ネパール 人びと
ブンガマティ 食べ物 白髪 老婆 お米 シンドゥール
ブンガマティで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3712

撮影年月

2009年7月

投稿日

2010年02月17日

更新日

2022年08月25日

撮影場所

ブンガマティ / ネパール

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ブンガマティってどこ?

PREV & NEXT