獅子舞の獅子の写真を撮る子どもたち

獅子舞の獅子の写真を撮る子どもたち
インドネシアのジャカルタにあるサワー・ブサル地区で撮影 オザワテツ

子どもたちが獅子舞の獅子の周りにまとわりついて写真を撮っていた

パサール・バルの端に建っていたショッピングモールの中へと入っていった。用もないのに入っていった。中は冷房が効いていて涼しい。これこそ僕が求めていたものだと思いながら、エスカレータを上がっていく。

中には小さなお店が並んでいて、ショッピングモールというよりも立体になった商店街のようだ。そして、どこからともなく銅鑼の音が聞こえてくる。銅鑼の音に導かれるように、エスカレータを乗り継いでいると、気がつけば最上階へとやって来ていた。

最上階はフードコートになっていた。テーブルが並んでいて、銅鑼の音に包まれながら食事をしている人がいる。銅鑼の正体は獅子舞だった。フードコートにあるお店を一軒一軒獅子舞の獅子が回っている。旧正月を祝っているのだ。この辺はインド人街と聞いていたけれど、めでたいことに宗教は関係ないのだろう。

日本でよく見かける獅子舞の獅子とは違って、黄色くフサフサしていた獅子頭は子どもたちの人気者だった。獅子の近くに子供たちが集まってキャーキャーしている。そして、今時の子どもたちはスマホでパシャパシャ写真を撮るのだった。SNSに獅子舞と遭遇!なんて書き込むのだろうか。

EN

獅子舞とは?

獅子頭(ししがしら)をかぶって舞う神事的な民俗芸能。獅子頭はおもに雄の獅子の頭をかたどった木製の作り物であるが、トラ、シカその他の場合もある。上古の日本人にとって獅子は現実の動物ではなかったが、空想上の威力ある聖獣であり、除魔招福の信仰の対象であった。獅子舞には渡来脈と固有脈があると考えられ、渡来脈を「二人立(ふたりだち)」、固有脈と目されるものを「一人立」という。二人立は6世紀なかばから7世紀にかけて、大陸から伎楽(ぎがく)とともに伝来したと推定される。752年(天平勝宝4)の東大寺大仏開眼供養に用いられた獅子頭が正倉院に伝存するが、今日の太神楽(だいかぐら)の獅子頭と形状的に大差がない。

"獅子舞", 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-08-02)

ジャカルタにあるパサール・バルってどこ?

PHOTO DATA

No

11623

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月31日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ