ワット・アルンで写真を撮る女

ワット・アルンで写真を撮る女性
タイのバンコクにあるワット・アルンで撮影 オザワテツ

ワット・アルンに設けられた階段の上で女性が写真を撮っていた

川沿いにあるター・ティアン市場の近くにはフェリー乗り場がある。市場を後にした僕は乗り場へと向かい、そそくさとフェリーに乗り込んだ。フェリーと言ってもこれはただの渡船だ。すぐに反対側の岸に辿り着く。そして、辿り着いた先はワット・アルンという寺院の境内だった。渡船は境内に横付けするので、船を降りるとそこはもう境内に中なのだ。

ワット・アルンは三島由紀夫の小説にも出てくる仏教寺院というだけでなく、タイの中でも格式の高い寺院だ。今ではワット・プラケオに安置されているエメラルド仏も当初はこちらに安置されていたのだという。

ワット・アルンの中心にはこの寺院のシンボルである大きな仏塔がそびえている。これは古代インドの世界観の中で中心にそびえているとされる須弥山を模しているらしい。でも、仏塔の下に近づいていっても、現世から離れたような気分には一切ならない。この寺院はバンコク有数の観光地だから、あちらこちらに観光客の姿があり、それぞれが旅の思い出を残すために写真を撮っているのだ。遊園地のアトラクション並みに人がいて、観光客が見当たらない場所を探すのは困難だ。もっとも、僕もその観光客のひとりだけれど。

EN

ワット・アルンってどこ?

PHOTO DATA

No

11337

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月25日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ